ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GT、TOCAドラ2 with GTFP
やっとまともにGTFPを設置できたので、噂のTOCAドラ2とGT(グランツーリスモ)についてインプレッションをしたいと思います。と言っても、まだGTFPを本格的に使い始めて2日なので、軽くしか書けませんが・・・(^^:)

長いですよ(爆)覚悟してくださいね
マズは挙動面から・・・
まず、TOCAドラ2には、挙動設定にシュミレーションとプロシュミレーションの2通りがあって、要は前者が初心者向け、後者が上級者向けなわけです。シカッシ!!初心者向けと言う設定のシュミレーションモードでも、コントロールはGT4と比べると格段に難しい(汗)
そもそも、GTシリーズだと、ノーマルからレーシングカーまで、バリバリダウンフォースが効いたレーシングカーの様な動きをします。車のロールの要素が足りないと言うか、完全にハイグリップタイヤ&空力で地面に張り付いているような感じを受けました。TOCAドラを知る前からGTシリーズには、初代を抜いて、セッティングで狙わない限りオーバーステアと言うことが起きないような気がしていました。ドライバー的には最高の「弱アンダー」とキープする訳です。でも実際はありえない訳で、当然スピンもするはずですし、サイドを引かないとスピンできないなんてありえません。そこにはGTに決定的に欠如している2つの要素があります。1つは荷重移動の理論です。
荷重移動は車がコーナリングする上で左右前後に車重が移動する事によって車の挙動に変化が起きる現象の事を指します。当然、右に曲がりたいなら左に荷重され、ブレーキングすれば前に荷重されますよね。これを上手く使う事で最速コーナリングも出来ますし、一歩間違えば大クラッシュもします(^^:)
良い例になるのが、鈴鹿のヘアピン。ヘアピンの手前には若干の緩い右コーナーがありますよね。僕らの間では110Rなので通称ヒャクトウと呼んでいますが…あのコーナーの荷重移動は上手く行くとヘアピンを最速で曲がれるラインがあるんですが、一歩間違うとイン巻きして壁の餌食(通称アーバインクラッシュ^^:)になります。その違いは何なんでしょか?
皆さん一度試してもらいたいのですが、110のクリップを取らずに大回りしてヘアピンのインに向けてブレーキングするラインを通ってみてください。GTだと大した問題もなく通り過ぎてしまうと思います。しかし荷重移動がちゃんと起こるのならそんな訳には行きません。
110を大回りしている時は当然右コーナーを曲がっているのですから、左に荷重されています。その姿勢のままブレーキングを開始すると、前に荷重が乗ってきてリアの接地性は下がってきます。
ココで、ヘアピンのイン、クリップの方に車が向いていればコーナーに対してリアが先に動いて、曲がり込む方向に力が働くので問題ないのですが、大回りしているのですから、ブレーキング開始の段階でまだアウトの方向へ若干向いているか真っ直ぐ直進的状態にあると考えられます。
この状態でブレーキングをする訳ですから、車は左に荷重されブレーキングで前へ寄ります。ただでさえ、曲がりたい方向と逆に荷重されいるのに加えて、リアの接地性が下がっているのですから車は当然、ヘアピンアウト側に向けて流れ始めます。そのままだとアーバインクラッシュになってしまいますよね?これが起きないという事は、やはり荷重移動の理論はあまり盛り込まれてない…と言う事になってしまいます。
もう1つは、トラクションの理論です。
トラクションとは、あまり上手く説明できませんが、地面に動力を伝える強さ、効率の事を指します。通常、惰性走行時はトラクションは掛かっていないとされています。しかしGTでは、オーバースピードでコーナーに進入して、中で全然アクセルを踏まずに、惰性でタイヤのグリップで減速しても姿勢は安定したままです。通常こんな事をすると接地力を失いスピンアウトしてしまいます。それに、コーナー立ち上がりでアクセルを合わせて踏んで行くより、一気にパッコーンッと全開にしてしまう方が速かったりします。これも、効率よく動力を地面に伝えようとするのなら、ホイルスピンするようなラフなアクセルワークではなく、そーろっと合わせて踏んでいくほうが効率良いですよね~

これらの点、TOCAドラではどうかといいますよ…しっかり荷重移動を意識しないと、曲がらないし、スピンもします。オーバルコースでアンダーが進入で出てどうにも回復できずに壁にクラッシュ…みたいなパターンはしょっちゅうですね(^^:)GTだとオーバルはどこ走ってもアクセル全開のハンドル固定で走れてしまいました。
トラクションに関して、特にリアルだな~と思ったのは、雨の中を走るレースがあって、そのときに、トラクションを掛けるために早めにシフトアップして「ボボボボボ…」みたいな感じで加速していった方が、ホイルスピンをコントロールしながら必死で走ってるcom車より遥かに速かったときです。ちゃんとトラクションを重視して走ることを考えてあるんだな~と感心してしまいました(^^:)

これら2つの要素を押えたTOCAドラ2はちゃんと運転しないとまともに走れないようなゲームなわけです(^皿^)

書く事が多いので、何分割化して徐々に公開していきますね。
スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
楽しんで読ませて頂きました^^
ちゃんと運転しないとまともに走れないって言うのはまさしくですね~
うちのブログでUPしている動画は大体が挙動を乱したりとTOCAをやっていない人が見たら相当下手な様子に思われてしまいそうですが、どれだけ神経を使って必死に操ろうとしているか、って言いたくなります^^
GT4の気持ちで操作なんか出来ないのだから☆
2007/01/25 (木) 00:59:17 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
相当難しいですからね~TOCAドラは。でもプロシュミにしたら、周りも同じ挙動になっているらしくCOMも、よくコントロールミスしてますよね(^皿^)
2007/01/25 (木) 01:50:30 | URL | 中上 #-[ 編集]
とても参考になる記事ですネ♪
そこで、TOCAを持たないじぶんがイメージしやすい比較をお願いしたいんですが・・・
それは、Cozyお気に入りのカーボンRの挙動が、実際のシビアさや、TOCAの挙動モデルと比較してどぉなのかって点です☆
本来はドリフト用に用意されたクルマですが、レーシングスピードを楽しんでもいいですよネ^^;


お手間をとらせるつもりはありませんので、もし時間があればってコトでw
比較しやすい鈴鹿でお願いしたいなぁなんて思います^^


いろんなところでGTの挙動に対する不満の声が聞こえてくるのですが、愛好者として全面的に否定されるのが・・・
大半はゲームとしての爽快感を棄てきれなかったGTも、クルマによっては!?ってなればなぁ♪
そんな風に思うCozyです☆

あっ、もちろんTOCAを否定したいワケじゃありませんので(汗
って野暮なコト言わなくっても、師匠なら解っていただけますネ^^
2007/01/25 (木) 09:10:37 | URL | こじぃ #-[ 編集]
>cozyさん
俺もGTを否定したいわけじゃないですよ~ただドライバーとしてはTOCAドラをお勧めするって話です。そもそも、この2つのゲームはカテゴリーが違いますからね(^^:)その辺、インプレッション第2弾でもっと詳しく書いてみます。

炭Rですねv-219了解です。試してみます~
2007/01/25 (木) 12:09:13 | URL | 中上 #-[ 編集]
2つの挙動のウチ、難しい方だとCOMが良くミスをしますが、フリーレースでレベルを上げるとミスが減るんですよ^^;
そうなると手が付けられないほど強いです☆

私もTocaばかりブログで書いてますが、GTが1番好きなレースゲームに変わらないんですけどね。
でもレースとしての面白さはTOCAが圧倒的に上かな~
2007/01/25 (木) 12:17:37 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
そうなんですか~いまのCOMにも十分てこずっている俺では、ブッちぎられるのが落ちですね(^^:)しかしまだまだレベルが上げられるのはこっちとしては有り難いv-218

やっぱり完成度で言えばGTに利があるかな~って思いますね。レースのリアルさでTOCAドラに勝てるのはオンライン対戦物以外にはないでしょ~v-39
2007/01/25 (木) 18:20:59 | URL | 中上 #-[ 編集]
GTとTOCAドラ2の比較記事、しっかり読みましたよ(^^)
自分はTOCAドラ2を持ってないので挙動とかはわかりませんが、文章だけでもTOCAドラ2は難しいと伝わりました☆

トラクションのことですが自分も記事にあったとおり、今まで同じ事を感じていました。
ただ荷重移動の事ですが、しっかり荷重移動させないと曲がらなかったり、変にブレーキしたらどこかに飛んで行くってのは、GTでは再現できてないのは確かに自分もそう思います。
でもダートの方では完全とは言えませんが、ある程度は荷重移動の原理を再現できてるのではないかと思うんですが・・・
ダートでは絶対に荷重移動をうまく使わないと速く走れないんですよね(^^;
なのでダートの方である程度、荷重移動とか車の姿勢の作り方とか学べるんじゃないかなって思ったんですが・・・

まぁ単純に考えてロードとダートは全然違うんで、自分でもよくわかりません。
ダートで練習なんてできるのか、もしよかったら師匠の考えも聞いてみたいです(^^;
2007/01/25 (木) 23:11:36 | URL | syana #-[ 編集]
>syanaさん
たしかにGTのダートは良い練習になると思います。ターマックはいまいちですが、ダートのコントロール性は結構現実に近いんじゃないですかね~

俺は、ダートドライビングは十分、サーキットドライビングに役立つと思いますよ。当然、ダートの方が路面のグリップが低いんですから、そこでグリップしないタイヤをグリップさせたり、グリップさせる姿勢作りを学んだり出来ますから。それに、GT特有の、何気に真っ直ぐブレーキングが出来ないじゃないですか(^^:)あれぐらいが本来のブレーキングに対する慎重な姿勢ですから。
さすがシャナさん。ダートに目をつけるとはさすがですv-218
2007/01/25 (木) 23:58:00 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを見てホッとしました(^^;
自分はGTでロードとダート、両方ともよく走るので、その辺からピンッと気づいたんですよ♪
GTのダートも捨てたもんじゃないんですね☆

たしかにダートではタイヤをグリップさせるのに、GTのロードのようにいきなりアクセル踏むだけじゃ前に進んでくれないんですよ。
いかにハーフスロットルを使えるかなんですよね(^^)
ブレーキも適当に踏んでたら曲がりませんし、スピンだってしますもんね。
何気に真っ直ぐブレーキング、たしかにできませんww
2007/01/26 (金) 00:54:34 | URL | syana #-[ 編集]
>syanaさん
ダートに関して言えば、コリンマクレーTHEラリーとか、TOCAドラのラリーとかと遜色ないですよ~でも個人的注文としては、もっと低速テクニカルなダートコースも入れて欲しいですね~

ダートは良い勉強になりますね。そう言う意味では、雨の筑波とかも練習になるはずなんですが、サーキットになるとダートの良さがどこへ消えたのやら…(爆)
2007/01/26 (金) 01:14:09 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。