ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秘密練習より帰還
長野より帰ってまいりました

スケルトンをやってみての感想は、凄いシビアなスポーツだということでした
どんな競技でもそうなんですが、モータースポーツと比べると、ずっと調整出来る部分が少ないので、滑っている間も微妙なコントロールが必要になってきます

1回目はコースの最後の3コーナーだけだったので、最高速も30kmぐらいしか出ませんでしたが、それでも、滑り始めると結構なスピード感ですただ、サーキットを走るのとは違って、周りが一面真っ白で、もの凄い至近距離で映像が流れていくので、案外恐怖感は全然感じませんでした(^^:)
1回目滑る時から、「バンクに乗せて上手くコーナーリングを持続出来る滑り」か「比較的小回りに、リンクの下っている方へソリを持っていく滑り」のどちらかがベストかな~と考えていました。
1回目は、とりあえず進入でバンクにソリが合いやすい向きと位置を意識してみましたしかし、初速が低いのでコーナー進入のスピードも低く、そもそもコーナリングを持続させるほどのスピードが出ませんでした
それでも、ソリはちゃんとコントロール出来たので、1回目から壁に当たる事もなくスムーズに滑れました

2回目は、コースの中間地点辺りまでスタート位置を上げて滑りました。この位置まで上がると、最高速も70kmぐらいまで上がります。2回目は、1回目の反省を生かして、出来るだけ頭を下げて空気抵抗を下げつつ、それでもしっかり目線を前にやって、行くべき所を目指す事を目標にして滑りました
さすがに70kmを越えてくると目が追いつかなくて、いまいちイメージ通りの事が出来ませんでしたが、コーナーからコーナーへ繋がるバンクの切り返しの所で、良い向きを作ることが出来ていないのが課題だと感じました

一応おまけでタイムも計って貰っていたんですが、その日の体験者の中では、1本目が13番目、2本目が6番目、合計で4番目、最高速は72kmで3番目でした。基本的に体重が重いほうが有利なので、比較は出来ないんですが、なんだか1位じゃないのが無性に悔しかったです
なんでも、中途半端な結果で辞めるのは嫌なので、絶対どこかでリベンジしたいと思いますモータースポーツに役立つ部分は大いにあるので、オフシーズンのトレーニングの一環として取り入れてみるのもアリかもと思いました。
それに、モータースポーツとは違ってオリンピックに出れますからね目指せオリンピックで金メダルってのも面白いかもしれませんね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
スケルトンは競技人口が少ないですから、
上手い人なら数年やるだけで五輪に出られそうですね^^
(アフリカなら競争率1%未満かも^^;)

国内モータースポーツは3月上旬から始まるから、
1ヶ月以内に良い知らせを聞きたい思ってます☆
2009/01/20 (火) 05:26:48 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
確かにスケルトンは競技人口が少ないですからね(^^:)男子は、国内でも50人ぐらいらしいですから(汗)

とにかく2月中には体制を決められるよう頑張ります☆
2009/01/20 (火) 11:23:29 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。