ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなそうなんだ~
朝日新聞の正月記念号外で、「届け・世界の頂点へ」と言う、今年活躍が期待されるスポーツ選手について特集した記事が載っていました

サッカーの中村俊輔選手や、フィギュアスケートの浅田真央選手や、テニスの錦織圭選手などの生い立ちと、競技への取り組み方が取り上げられていたんですが、そのなかでも中村選手の記事が非常に面白かったです。

サッカーノートと言う、ノートをいつも書いているそうなんですが、その書き方が結構参考になりました
サッカーと自動車レースはかなり違うスポーツですが、結局、「今日何をするか何が出来なかったかどうして出来なかったか何が出来たかどうして出来たか。」を、ちゃんとまとめて課題から逃げずにしっかり向き合うと言うことが、何についても大事なんだと言う事です

シーズン後半の調子が悪い時に、少しづつそれが欠けている事に気付き始めて、新たに”レースレポート”を作成して、走行が終わったら即「何周目のこのコーナーのこの部分の走り方は・・・」とか「この周のここは、縁石終わりで6200回転」と、忘れぬうちに書き留めるようにしました。
師匠からの言葉も、言われたら即書き留める。
こう言うことの積み重ねが自分のスタイルを作り上げていくんだと分りました

そんな、中村選手もジュニアユース(中学生クラス)からユースチーム(高校生クラス)に上がる時にチームを外されて、一度サッカーを辞めようとした事があったらしいんですが・・・

「僕にはサッカーのセンスがない、もう辞めようと思った。それまで楽しくやっていたサッカーが急につまらなくなった。3ヶ月ほど球を蹴らずにいたらサッカーをやりたい気持ちが、またわいてきて高校の部活に入って頑張ったが、もう二度とあんな思いはしたくない」
「僕はまだ代表選手でいたいし、10番を取られたくない。抜かれたくない。だからもっと上に目指す物がないか、若い頃より必死で求めている。中学3年の時みたいに落ちるのが怖い、抜かれるのが怖いから」


次元は違いますが、自分が直面している状況に似ているな~と考えさせられました
レーサーとしてセンスがないと昨年の終わり頃は辞める事も考えていましたが、やっぱり自分はレースが好きだし、負け逃げはしたくない。誰よりも速くなりたいし、速いやつが前を走っていたら悔しくてしょうがない。
今はやめるタイミングじゃないと思いました
もっと必死で目指せる目標を作って、本気で走らないとダメですね
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
大きな夢を持った人が何度も挫折した後に栄光を掴むことはありますからね~
可能性のある、なしを考える前に、諦めないように頑張らないとですね。

他にも、URLを載せた記事にあるように、夢を実現した人もいますよ^^
2009/01/10 (土) 01:42:11 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
レーサーとして速くなる・・・と言うより、全力を尽くして悔いの残らない人生を送る…と言った方が良いですかね。

それに、”負け逃げ”じゃなくて”勝ち逃げ”しないとね(笑)
2009/01/10 (土) 10:06:08 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。