FC2ブログ
ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴鹿クラブマン 最終戦 レースレポート
まだクラブマン最終戦のレポートがまだUP出来ていませんでしたので、日本一決定戦も終わりましたが、先にクラブマンの方のレポートをUPさせてもらいます。年末で色々と忙しかったので、いつも以上に短くまとまっています。
走って来ました、クラブマン最終戦。今回もいつもと同じく、金・土がフリー走行、日曜に予選・決勝と言うスケジュールで開催されました。金曜から走りのリズムが悪く、タイムもパッとしません。車載映像で確認すると、気付かぬうちに走り方が凄くタイトになってしまっていて、いつもと全然違う走りになってしまっていました
このことを車載を見るまで気付かなかったことが最大の問題です。何と言うか、ドライビングに対する追求とか、探究心のような物がいつの間にかなくなってしまっていたような感覚でした。
とにかく、このままじゃお話にならない…と必死に修正して、何とか”並”のドライビングレベルに戻す事は出来ました。

このような流れで日曜日を迎えます。金曜日から、前に車が走っていると、それを目標にして走れて、いつも通りの良いリズムで走れていたので、予選はスリップストリームを活かす事も考えて、他の速い車を追いかけて走る事にしました。
コースイン開始と同時に車をしっかり振り回して温めていきます。この時点では、後ろから速い車は来ていなかったので、十分、車と人間を温めきる前にも関らずスローダウンして後続を待つことにしました。そもそも、この考え方がよくありませんでした。
後ろから速い車が来たので、その車を前に出して追っていきますが、しっかり温まっていない状態ではついていく事が出来ません。数周走って、また違う車を見つけて後ろに回りますが、位置取りが悪く、邪魔な車に間に入られて上手くアタックが出来ません。もう一度クリアを取ってアタックしますが、残り時間が少なく、結局2周程度しかアタックすることが出来ず予選10位と言う順位に終わってしまいました。

とにかく、自分自身に自信を持てずに、周りばかり気にして、やるべき事に集中できなかったのが最大の敗因でした。自分の才能のなさに嫌気がさしましたが、途中で投げ出すわけには行かないので、気持ちを切り替えて、決勝で追い上げようと心に言い聞かせました。

予選10位となると、スターティンググリッドは西コースのストレートの上り坂の途中辺りになります。もっと上位にいれば比較的平らな所でスタート出来るんですが、下位に行くとそれだけでスタートが不利になってしまいます。その分、フォーメーションラップからしっかりタイヤを温めて、スタート直後から攻めていけるように仕上げていきます。
グリッドについて前を見上げると、止まった位置が最悪で、何と前のグリッドのマシンのロールバーにシグナルが隠れてしまい、シグナルがちゃんと確認できません首を動かして何とか見えるようになりますが、非常にスタートに集中しにくい姿勢になってしまいました

赤ランプが点灯し、少し長い待ち時間があって消灯!スタート!
スタート自体は悪くありませんでしたが、一瞬動き出しが遅れてしまい、順位はキープしたまま130R・ショートカットをクリア。今回はスタート直後の混乱はありませんでした。

2周目のスプーンで西本選手がスピンして順位が一つ上がります。しかし、次の周のショートカットで大賀選手に抜かれて10位に逆戻り。前では、恒川選手・板倉選手など5台ぐらいの集団がバトルしており、ペースが上がらず、上位集団と差が開いてしまいます。

この辺りから、少しづつ集中が切れていくのと同時に、モチベーションも低下「レースに集中するんだ」と言い聞かせて、前の車を追いますが決め手に欠き、なかなか抜く事が出来ません

6周目、前を行く小坂選手が130Rで姿勢を崩し失速したのでショートカット進入で並びかけますが前には出られず、その後も集団の一番後ろでひたすら走行することになってしまいます。

8周目に130Rで吉田選手がスピン。順位が9位に上がります。
さらにラスト2周、スプーンで服部選手がコースアウト。さらに順位が1つ上がります。しかし、集団のペースは相変わらず遅く、コースに復帰して追い上げてきた服部選手に追いつかれてしまいます。
ポイントランキングを争う相手ですから「何が何でも前には出さない!」と、気合いを入れなおしますが、デグナー2つ目立ち上がりをミスして、ヘアピンでインに飛び込まれて9位に順位を下げてしまいます。

結局、そのまま9位でゴールとなりました。

レース後、冷静に考えて「才能がなくて、情熱も薄らいでしまったらレースをしている資格はない」と思い、今シーズンでレースを辞める事を真剣に考えていました。
でも、日本一決定戦は最低でも出て、その時点で考えようと決めていたので、変なことを考えず、とにかくレースに全力を注げるように気持ちを整理しようと心を落ち着けました。
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
最終戦&日本一おつかれさまでしたv-237
HP初カキコさせてもらいます
同じ年の選手…ということでかなりライバル視してましたが(笑)
今シーズンは僕の完敗ですv-40
モチベーションのことや走る環境を整えること、悩みはおそらく同じだろうと察しますが、来シーズンも良い勝負ができるようにお互い頑張りましょうv-65

2008/12/20 (土) 19:17:06 | URL | Pスケ #9K64Lzaw[ 編集]
レースの内容はともかく
土曜の走りを見ていて、何度か、どうしてそこで譲るかなぁ?って感じたときがあった。
速いクルマに付かれたりスリップに入られたりで、譲るというより抜かれることも多かったけど、それ以上に呆気ないと感じた。
ここ何戦かのレポートのなかで、ちょっと曖昧な印象を受けたのだけど、いわゆるオーバーテイク(するorされる)の瞬間の、踏ん切りやタイミングの取りかたとかで、迷いがあるのかな~?と感じた。間違っていたらごめん。
スポ走で無理矢理前を押さえる必要はないかとは思ったけど、アレッ、譲るんだ?って感じ。走ってっとこを3回しか見てないけど、なんだか意外な印象を受けた。それで調子悪いの?って聞いたんだけど、ちょっとモヤモヤした。
2008/12/21 (日) 13:04:51 | URL | koura #oJbkoxHs[ 編集]
>Pスケさん
コメントありがとうございました★
シーズン後半は負っぱなしでしたね(^^:)もっと気合い入れてレースしないといけなかったんですが・・・

まっ、レースを続ける方法はだれしも悩むことだと思うので、自分なりに悔いの残らない決断をしようと思います。
また、来年も同じフィールドで戦うことになった場合にはよろしくお願いします。
2008/12/21 (日) 13:57:34 | URL | 中上 #-[ 編集]
>kouraさん
まさにお察しの通りで…。間合いの取り方と言うか、抜きに行くタイミングとか仕掛け方にかなり迷いがありました。

とにかくリズムが悪かったので、フリー走行では、周りの速い奴らと一緒に走ってリズムを取り戻そうと、わざと前に出していたことが多かったんですけどね。

いろんな部分で迷いのある走りになっていて、自分らしさは全然出せなかったですね。
2008/12/21 (日) 14:02:51 | URL | 中上 #-[ 編集]
一般道ではそんな経験をしないから、想像でしかないけど、鮮やかな、あるいは上手な抜き方抜かれ方、というのはあるんだろう。
躊躇があるときは、してはいけないとき、だと思うけど、レースでそんなことは云ってられない、困ったね。迷いの原因は何なのだろう。
2008/12/22 (月) 02:20:10 | URL | koura #oJbkoxHs[ 編集]
>kouraさん
やっぱり、「どっからでもかかってこいや!」ってな感じのノリが欠けてると思います(^^:)
もっと自信を持ってレースしていかないとダメですね。その裏づけが不足しているのが最大の問題です。
2008/12/23 (火) 01:56:10 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。