ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ってリーズナブル♪
相変わらず資金繰りで苦労しているんですが、各国の色々なレースについて調べてみて、色々と質問していった結果、日本のレースは凄いリーズナブルだと言う事に気付きました

フォーミュラ・ニッポンとスーパーGTとF3は除いて(笑)、例えばイギリスのFormula Renault と、同じマシンを使っている日本のFCJを比べると、年間経費、前者は1800万~3000万(驚)、後者は850万(安)
確かにUK FRの方がテスト量も多いし、年間のレース量も若干多いんですが、FCJみたいにちゃんとしたスカラシップはありませんそもそもセッティング等、チーム次第でかなりパフォーマンスが変わってきてしまいますから、金をつぎ込めば速く走れる…と言うわけでもないみたいですね

あと、よく比較されるのがFJ1600とFormula FordFJはおおよそ年間経費400~600万と言った所ですが、Formula FordはUKシリーズを例にあげると、とりあえず、最低限年間1000万から・・・だそうです(汗)
まぁFJとFFは見掛けは似ていますが、中身は全然別物ですし、年間20レース近くあって全部がイギリスF3の前座なんですから、この費用も理解出来ますが、そう言う意味ではFJの活動費用は異常に安いですね(笑)

ハコで言うと、Renault Clio CupとマーチCup前者は年間800~1000万、後者は400~600万これまた倍近い差があります。Clio Cupは全戦BTCCの前座、マーチCupは一部スーパーGTの前座。レース数はClioCupの方が断然多いですが、マーチCupだってWestとEastの両方出れば結構多いですし、やっぱり安いですよね~

実際の所は、テレビ中継がちゃんとあったり、ホスピタリティーも完備されていたりと、イギリスのレースと日本のレースの間には結構な格差がありますが、それなりにちゃんとしたマシンで、日本ほどリーズナブルなレースが出来る国は他にはないんじゃないでしょうか
スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。