ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔のF1はイイッ
現在のF1は全然興味はありませんが、1960~1990年ぐらいの間のF1のマシンであるならば、凄い面白そうだし乗って見たいと思いますね

youtube等で、当時の車載映像を見ることが出来ますが、やっぱり、ドライバーが必死に運転して死ぬような思いをすると速い・・・と言う単純な割りきりが映像からもヒシヒシと伝わってきます
それに、今よりやらないといけない事が多くて、当然シフトHパターンでクラッチ切ってヒールトゥするし、ダウンフォースも少ないですからハンドル修正も忙しい訳です。そう言う中で、バシッと決めてタイム出してくるドライバーは流石だと思いますね

ここで、youtubeで発見した対照的な車載映像を2つほど。

1992 F1 ハンガリGP セナ

1989 F1 ハンガリーGP ピケ
時期は少し違いますが、同じハンガロリンクでのセナとピケの車載映像です
簡単に言うと、セナは荒くピケは丁寧・・・と言う感じです。セナはコーナーリング中に細かく足を動かしてマシンをコントロールしているのに対して、ピケはどこからアクセルを開けているのか分らないぐらいの丁寧なコントロールをしています

現代のF1では、ピケ的な丁寧ドライビングが基本ですが、結局セナも、「凄く丁寧に荒い事をしている」だけで、丁寧さがないと上手くマシンをコントロールできませんこう言う丁寧さが、自分には欠けているなぁ~と、コレを見て感じましたね

個人的に忘れられないのは、1989年鈴鹿GPの車載映像で、セナが周回遅れのロータス・ジャッドのピケにシケインで追いついて、ストレートで抜こうとするのですが、圧倒的エンジン差があるにもかかわらず、ピケのシケイン立ち上がりが速くてなかなかストレートで並べませんあれを見た時に「なるほど☆これか」と思いましたね
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。