fc2ブログ
ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
第2の師匠
以前からお世話になっていつつも、なかなかちゃんとお話を聞く機会がなかった第2の師匠に、車載映像を見てもらいつつ、みっちり2時間ほどアドバイスを頂いてきました

いつもアドバイスをしてくださっている師匠や先輩とはまた違った意見を聞くことが出来て、凄く有意義な時間を過ごす事が出来ました
さすがに超一流のレース屋さん(育てたドライバーはみな超一流!)だけあって、ちょっと映像を見ただけで「これダメ」「このラップはシフトアップ若干速かったから、こっちが正解の走り」などと的確なアドバイスを下さいました。

第2師匠曰く「かなり詰めれる部分があるね。まだまだ伸びるよ。でも、もっと考えてしっかり練習しないとこのままでは、まず無理」とのことでした

走り以前の問題で、練習に対する考え方が間違っていると言う致命的な問題ですね薄々気付いてはいましたが、何となく、うやむやにして「思いっきり行く」ことでリカバーしようとしていたような気がします。
あらゆる部分でどの方法が一番良いのか、練習で感じとって走りを完成させていく必要があると痛感しました。今さらですが、モータースポーツの奥深さを感じました。何となく走ってて何とかなるような物ではありません。

でも、近いうちにもてぎへ練習に行く事になるはずなので、良いタイミングで良い事を聞くことが出来ました鈴鹿は良く知っているので、慣れで走れてしまう部分が結構ありますが、初めて行くサーキットでどれだけ情報を感じ取ってベストの走りを見つける事が出来るか…で、自分の能力を判断できると思っています。

以前から感じていましたが、やはりトップを目指すには並な事をやっていてはダメだと言うことですもっともっと貪欲に、0.01秒速く走るためには何が出来るか…必死で考えて走らないと、これ以上のレベルには到達できません。
開き直った訳ではありませんが、お話を聞けて、ヘコむどころか尚更やる気が湧いてきましたハッキリ指摘して貰えたことで、背水の陣と言うか、「これが出来なきゃ辞める」と決心が付いたような気がします(^^:)

相対的に悪い評価な感じでしたが、130Rは「毎周決まってるし、見てて面白い」と言ってもらえましたし、走りの課題に関しては、数箇所具体的な改善案を教えていただきましたし、ホントお話を聞けて良かったです
スポンサーサイト



テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析