ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴鹿クラブマン 第3戦 レポート②
決勝は日曜の朝から行なわれました。いつもならFJのレースは最後に設定されているので、朝一からいきなりレースと言うのも新鮮でした。前日の雨も止み完全にドライコンディションになっていました

レースは朝一でしたが、準備や手順はいつもと何も変わりません。いつも通りウエアを着ていつも通り車に乗り込みます。今回のレースは、第1戦、第2戦とは違ってかなり気温も上がっています。ダミーグリッドへのコースイン時にも軽くスタート練習をして、グリップがある中でのスタートのイメージを確認します。
タイヤの温め方も、いつもより「グリップを確かめる事」を優先してちょうど良いぐらいになるように意識していきます。インラップのS字辺りまで来ると、予選3番手だった大賀選手がトラブルかストップしています。気にせずダミーグリッドに着きますが、やはり大賀選手はやってきません。これで都合3番手スタートですしかし、3番手がいなくなった事で予選5番手の西本選手、予選7番手の吉田選手には少し優位に働きそうです。

そして、フォーメーションラップがスタート。この時もタイヤのグリップを確かめつつ必要なグリップ感が得られたので適度にそれをキープしつつグリッドに着きます。事前のスタート練習でかなりのグリップ感があったのでいつもより若干回転数を上げてスタートを待ちます。5秒前ボードが出され、赤ランプ点灯、いつも通りのタイミングで消灯スタート!!

いつも通り、スタートの動き出しは悪くありません。2速にもスムーズに入り問題なくスタート…のはずが…アッサリとアウトから西本選手、吉田選手に抜かれ、インからも高橋選手に並びかけられてしまいますしかし、前回のレースで学んだスタート直後のポジション取りで、高橋選手は抑えて5番手で1~2コーナーをクリア。前では西本選手が押し出されてスローダウン。間隙を突いてS2つ目で並びかけますが、まだ無理をするタイミングではないと思ったのでそのまま5位をキープして1周目を通過


前の集団は、服部選手・道野選手・吉田選手・西本選手・俺、少し離れて高橋選手と言うオーダー。2周目のヘアピンで西本選手のテールに張り付き、まっちゃんでインに出ます。スプーンでインをうかがいますがまだ抜けません。逆にスプーン1つ目をタイトに進入したことで2つ目がきつくなり、立ち上がりで遅れ、バックストレートで高橋選手に抜かれてしまいます
この辺りから、段々流れがおかしくなっていきます

スプーンでのミスで前の集団と少し差が開いてしまいますが、後ろとの差も結構あったので、落ち着いて前を追うことだけに集中します。しかし、4周目のデグナー1つ目で5速から4速に落とそうとして上手く行かず一瞬2速に入ってしまいます
すぐに気付いて4速に入れ直そうとしますがなかなか入らず、結局惰性のままでデグナー1つ目をクリア、そのまま3速に入れてデグナー2つ目にアプローチしました。これで前とは差が広がってしまいます。

ヘアピンは問題なく通過するも、まっちゃんで再び3速から4速に入れようとして2速に入ってしまい、一気にスローダウン4速に入れようと色々してみますがなかなか入らず、とりあえず5速に入れて走り続ける事にしました。これで、西村選手、板倉 慎 選手、板倉 達 選手に抜かれ9位に落ちてしまいます…

レポートその③に続く…
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。