ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりF1はこうでないと~
久々の雨だったモナコGP。去年の富士でもそうでしたが、やはり雨の中での各ドライバーのドライビングは結構参考になりますね

しかし富士とは違って、浅溝レインで雨量の多い中、路面μの低いモナコの市街地…でのレースでしたから、完全にダウンフォースが働かない中でいかに車を動かすか、と言う部分は見ていて面白かったです

トンネルあとのシケインのブレーキングだって、もうトンネル抜けた直後にはブレーキング開始して、ソーッと向きを変えて行って横向きながらシケインに進入する…と言う、ローグリップ時のお手本のようなドライビングが多々見れました

しかし、雨の中の車載映像を見ていると、自分がFJに乗っているときの感覚に凄く近いものがあることに気付かされますFRDの雨の中での特性は、他のFJマシンと比べるとだいぶ違うんですが、F1と見比べても全く違和感がありません。FRDはミニF1を体験できる最高のマシンですね(笑)

結局、「雨の中、如何にテールが流れるのをコントロールしつつ走るか」…が大事なのではなく、「雨の中、如何に上手く車を曲げれるか」が大事なんですよね。それが体感できるかどうかで、ローグリップの海外のサーキットへ行っても対応できるのではないかと思います
現状のFJのタイヤ&日本のサーキットの組み合わせでは完全にグリップし過ぎですからね

なぜ、イギリスのレーシングカーはやたらとオーバーなセッティングにするのか…と言う疑問も、この辺の理論を押えていれば納得がいきますね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。