ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のモータースポーツって…②
と言う事で、昨日を続きを…


イギリスのモータースポーツ統括組織はBRDC(British Racing Driver Club)と言いまして、日本で言うところのJAFに近いものですこれが統括しているのは、BTCCや英国GT、英国F3などのいわゆるトップカテゴリーです。
それとは別にBRSCC(British Racing and Sprots Car Club)と言う組織もあって、こちらはいわゆる底辺カテゴリー、Formula Ford、Fiesta Cup、Saloon Car Championship、スーパー7等のレースを統括しています
BRDCが統括しているトップレベルカテゴリーから使われなくなった型落ちマシンは、BRSCCの統括するレースに重宝され、再び活躍の場が与えられます。BRDCCのレースは、趣味でレースを楽しんでいるおっちゃんから、14歳ぐらいのガキンチョまで幅が広いのが特徴です

たまたまネットで見ていて、レーシングカー専門のオークションサイトを見つけました。日本ではまずあり得ない事ですが、レーシングカーオンリーのオークションがイギリスでは成り立つんです(^^:)
ちらっと見てみると…シューマッハの乗っていたベネトンF1から、セブリング12時間で勝ったプロトから、元BTCCのアコードから、クリオやフィエスタまで、フォーミュラだろうがハコだろうがプロトだろうが、ありとあらゆる物が売られていました。当然、需要があるからそう言った市場が形成される訳で、こうやって回り回って競技者人口が増えていくわけです
さらには、同じホームページに、「ドライバーを募集してるチーム」や「スポンサーを募集しているドライバー」などの項目もあって、中から好きなチーム・ドライバーをチョイスして連絡を取れるようになっていますついつい「なんて良心的なんだぁ!!」と感心してしまいました(汗)

とにかく、日本は「JAF落ちしたカテゴリー・マシンは二度と使えない」と言うような風潮があって、参加者も増えて、中古車も増えて、コストが抑えられるようになる頃にモデルチェンジで一掃されてしまい参加者が増えないようなシステムになってしまっています。
個人的にはJAFとは別に、ちゃんとした統括を行なう組織があった方が良いのじゃないかと思います。JAFで使えなくなったマシン達を集めて、ちゃんとしたレギュレーションのレースを行なう事が出来れば、今よりも競技者を増やすことも可能だと思いますし、もっと面白いレースも考えられると思うんです
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。