ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FJ日本一決定戦 レポート ①
今回は、鈴鹿サーキットの東半分である東コースを使って行なわれたFJ日本一決定戦に参加してきました金曜の午後に2本、土曜に3本練習走行を行なってレースに望む事になりました。
金曜は上々の滑り出しで、自己ベストタイムを刻みつつ、トップからコンマ5秒ほどのタイム差以内につけることが出来ましたデーターロガーでチェックする限り、トップの人と比べて劣っているのは、1コーナーの車速だけだったのでその部分を詰めていく事を最大課題と決めて初日の練習を終えました。

土曜日は朝からどんよりした微妙な天気…今回、練習走行枠は1レグのA、B、Cの順に3つに分けられていたので、最後の1レグCに入っていた僕らの走行時間にはパラパラと雨が降り出しました
コースインした時はまだ、コース上は濡れてはいませんでしたが、3周もすると明らかにグリップが下がり始め、段々スリックタイヤでは走れなくなってきましたもともと滑りやすい条件は嫌いじゃなかったので、師匠からピットインの指示が出るまで、コース上で頑張りましたしかし3周ほど走るともう、まともに真っ直ぐ走ることさえ出来なくなってきたのでピットインレインタイヤに変えてもらってコースインこの時点でグループCのFJ1600の中では、ほぼトップタイムぐらいで走れておりレインタイヤに変えてもらってさらにペースUP・・・する予定でした
しかし、タイヤが変わって走りやすくなったはずなのにタイムは全く上がりませんこの時点でトップからは3秒近く遅いタイムで走っており、ありえないようなタイムの落ちように相当困惑しました。
午後に入って、雨脚は強くなり完全なウエットコンディションに午前は、久しぶりの雨の走行だったから、体が動いていなかったのかな?と思って、いつも通り元気よく雨の中を走る気持ちで走り始めました
しかし、タイムは全く伸びませんとにかくグリップしない。立ち上がりに向けてアクセルを踏んで行こうとすると、すぐリアが出て全然前に進めませんコーナーでも、フロントタイヤが全然グリップさせれてないもんだから狙った所にマシンを走らすことが出来ず、トップからはなんと6秒近く遅いタイムしか出せませんでした

今年に入ってから最も困惑&ショックだった走行でした。自分がやろうとしている事が全然路面に伝わらない。攻めて行っても、フラフラになるもんだから、段々走りが萎縮してきて凄い腰が引けたドライビングになってしまいました。

しかし、翌日には決勝レースが控えており、何が何でもペースを上げていく必要がありました必死の思いで、車載を見つつ師匠にアドバイスをいただきましたすると、「これはタイヤが悪い」との事。
実は、今回練習で使ったタイヤは、2年前にチームでレースに使って、そのあとストックされていたタイヤで、すでにコンパウンドが硬くなり始めているようなタイヤだったんですそれで、あの異常なノーグリップ状態が発生していたんです

それを聞いてだいぶ気持ちが楽になりました確かに、ドライビングが足りていない部分もあるんですが、他のマシンと比べて凄くグリップがない状況で走っていてタイムが異常に遅かったのです。
翌日の予選に向けて、ラーメンを食べつつ師匠と色々相談しつつ、土曜日の練習も終えることが出来ました
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
????Ф????û?ζ?μ????ξ?????????
2007/12/26(水) 14:40:06 | ????С??ζ?μ
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。