ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴鹿クラブマン 最終戦 レポート②
決勝レースはこの日の最後のレースだったので気温も下がり始めていましたいつもより念入りにタイヤを暖めグリッドに着きます。スタート5秒前のボードが出てエンジンの回転数を上げていきます気温も下がり、グリップが悪そうだったので若干低めの回転数に合わせました。赤ランプが点きいつもより少し速いタイミングで消灯スタート!!
動き出しはほんの少し遅れた気がしましたがスタートダッシュはそこそこ決まり予選10位の板倉選手に並びかけ、前方の予選9位の吉田選手が失速したのでパスし10位に浮上。
板倉選手と並んだまま1コーナーをクリア、2コーナーヘ向かいます。何とか順位を守ろうとアウト側で頑張りますが、温まり切っていないフロントタイヤと、外側のグリップの少ないところを通ったことでアウトへ流され、板倉選手だけでなく柴田選手にも抜かれ11位に逆戻りさらに行き場を失って、若干2コーナーのアウト側へコースアウトすぐにコースへ戻ったので順位は下がりませんでしたがトップ集団とは少し差が出来てしまいました。
そこからは前を追って1周目から全力アタックしかし、前の集団もゴタゴタしていてペースが上がっていなかったのでデグナーを立ち上がった時には追い付くことが出来ました。ヘアピンでは、前で板倉選手、柴田選手、上住選手の3台が並んで進入板倉選手が一歩前に出て柴田選手、上住選手が並んでヘアピンを曲がっていこうとしています。2台のイン側にスペースが開いていたので車を滑り込ませ立ち上がりでパス9位にポジションUP。しかし次の4速→5速のシフトUPをミスしてしまい柴田選手には前に行かれてしまいますしかもその時にオーバーレブして危うくエンジンを壊しそうになりました(汗)
そのままの順位でスプーン、130Rをクリアし、シケインに差し掛かった頃、前方でアクシデント発生5番手につけていた下辻選手が誰かに小突かれてスピン、アウト側のタイヤウォールへクラッシュ煽りを食らった柴田選手もシケインを曲がれず直進…僕はと言えば、車の少ないイン側をキープしていたので全く影響なく現場をクリア(^^:)2つ順位を上げて8位に浮上トップ3台は少し抜け出ていたので4位から10位辺りまでが1つの集団になってバトルしていました

2周目のシケイン、いつもの悪い癖が出て立ち上がりで遅れてしまい道野選手にスリップに入られ3周目のメインストレートで抜かれてしまいますそれでも、6位の服部選手が集団を抑えていたので離れることなくついて行きます。

すると、4周目の130R、ブロックラインを取ってコーナーヘ進入した服部選手が曲がりきれずにコースオフ自動的に8位にポジションUPしかし、またシケイン立ち上がりをミスして上住選手にスリップに入られ、一瞬5速に入れるのに手間取っている隙を突かれ再び9位に落ちてしまいますその後は上住選手に付いて9位を走行。こちらが速いコーナーもあれば、向こうが速いコーナーもあり、しばらく一定間隔を保っていました前では5番手を争う、板倉選手、道野選手、上住選手が一団となってバトルを展開していたためトップグループとは少し差が開いてしまいました。

5周目に入ると上住選手が道野選手を抜いて7位に上がり、僕の前の車は道野選手に変わりました。道野選手はタイヤが垂れてきているのか少しづつペースが落ちてきます。

決勝レポート後半に続く…
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。