ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レースに向けて・・・
デビューレースに向けて色々と考えることが多いこの頃ですが、一番頭をよぎるのは「果たしてちゃんと"抜けるんだろうか?"ちゃんと"抑えることが出来るんだろうか?"」と言うことです
練習走行やゲームでは経験できない"相手も本気"の状態でどこまで自分のやりたい事を実現出来るか?と言う部分が気がかりです
色々考えた結果、「こう言う時はこう動いた方が効果的」とか、「精神的に相手に揺さぶりを掛けるには、こう言うのはどうか」とかいくつかのセオリー的なモノは思いついたのですが、当然相手がその通り動かないのが現実であり、そうなった時にどこまで対応できるかで勝負は決まってしまいます
あと、どう言う精神状態でレースに挑むのか?も悩むところです「何があろうが相手を押し出してでも勝つんだ」とう考え方や「どこまで差し迫っても絶対に接触は避けて、それでも勝ちに行くんだ」と言う考え方もあります。
勝負の世界ですから、相手を敬う気持ちなんて物は忘れて本能に身を任せるべきなのか…それとも、相手に余白を残した攻めでもレースに勝ってるぐらいのレベルを目指すべきなのか…

個人的な意見としては、勝つのは当然・その上フェアで、見ている人を興奮させることが出来るレースをする事が本音なんですが・・・
こう言うのって甘いって言うんですかね…
スポンサーサイト

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
モントーヤのような荒さは良いと思えませんが、
フェアであり攻める時には攻める気持ちが良いのでしょうねー

フェアを意識しすぎるのも、攻められない「つまらない」みたいに思われるし、
強気で接触しても「レーシングアクシデント」で何でも片づけるようでは
仲間からは嫌な目で見られてしまうかもしれませんね。

GTR2のオンラインでは1レース20台を超えるレースもあり、
初めて対戦する海外の人も当然いるわけですが、
そういう時にもどこまで攻めればいいかGT4以上に悩みました^^;
(GT4以上になったのはマシンにダメージも受けますからね)

守りは、同一周回であるなら多少私が不利であってもブロックラインを走り、
アンフェアでない限りとことんブロックすることにしています。
(ストレートでは1度までラインを変えることが可能、など)

攻める場合、わざとミラーに映るような1を走って揺さぶることもあります^^
逆にわざとミラーに映らない位置に入り、揺さぶることもあります。
実際モンツァの最終コーナーで相手の死角に入り、
相手は私が真横にいるのではないかと思ったらしくて
アウトに膨らみコースオフという場面もありましたが、
本来とは違うラインを走って相手を不安にさせる効果が成功したこともありました☆
実力は拮抗していて、ついて行けるけど抜けない場合なんかは
相手のミスを誘う走りも効果的ですね。
ただ後ろにいると、ラインを変えたために刺されてしまうこともありますが^^;

オンラインではラグが発生することもあるので超接近はあまりしません。
オフラインでは攻めの気持ちが強くて、それこそWTCCのような接近や、
横側が触れるほどの攻めをしてしまうのですが、現実では難しいでしょうね。
それでも強気のドライバーはオープンホイールのマシンでもそこまで攻めるのでしょうけど。
そういったところは経験によって培われるとも思いますよ^^!

よくゲームはゲームで実戦には役立たないとも言われますが、
オンラインで人間と走ると感情を読み取る事だって出来るし、
結構実際の攻め方や守り方、心理戦で役立ちそうな気がしてしまいます☆
2007/10/22 (月) 00:01:07 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
いゃ~さすが青葉さん(^^:)いつもためになる事ばかり教えていただいてます(汗)
ミラーに映ったり消えたりの手は使いますね~師匠曰く"基本"らしいですよ(笑)
フェアに戦うのってスポーツやってる以上、絶対的基本だと思ってしまうんですが、他のドライバーに気を使いすぎるのは良くないし…
でも、フェアじゃないって評判の悪いドライバーもよく聞きますし、まずはフェアにバトル出来ることが最優先なのかも知れませんね。
2007/10/22 (月) 00:38:36 | URL | 中上 #-[ 編集]
そういえば攻めに関してですが、あまり前につきすぎるのも危険ですよね。
冷却とかの意味もそうですが、タービュランスによる影響も受けますからね。
(GTR2で、それによってコースオフした経験有り)
FJ1600だとどのくらい影響があるか分かりませんが、攻めに集中しているとそれを忘れてアウトに膨らんでしまうことがあるので注意が必要かもしれません^^;

(前の投稿に誤字が^^; 「ミラーに映るような1」→「~ような位置」)
2007/10/22 (月) 01:35:44 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
確かに水温には気をつけないといけないですね~適度に風に当たりに行かないと・・・
タービュランスはFJではほとんど影響ないですよ。何しろ空力効いてないですから(^^:)
でもスリップから出た瞬間に振られたりすることは時々ありますね~それより、風の方が強敵です(^^:)
強風の日は死ぬような思いで走らないといけないですよ~ストレートで風に押されて200㌔でダートラなんて恐ろしい目に遭いますから(爆)車重軽い空力のないフォーミュラの宿命ですね。
でも、俺は風強くても案外気にならないんですけどね~その方がスリリングでテンション上がるじゃないですか(爆)
2007/10/22 (月) 12:28:30 | URL | 中上 #-[ 編集]
FJ参戦おめでとう!!
初めまして。関東のFJファンです。レースデビュー決定おめでとうございます。頑張って下さい。
いろんなことを考えても、実際の現場で出来ることは、普段やってることだけです。キモチを楽にして、自分が他人にされたら嫌だと思うことはしない、と考えておけばいいと思います。
レースで、最初から抑えることを想定する、というのはキモチで負けてます、とりあえずは前だけ見て、追って、最後まで、圧倒的な速さで走ること、を想定しましょう。抑える必要の無い走りを身につけるために。
走りを見ているだけで、そのドライバーの人間性は分ってしまいます。自分の気持ちに正直に、自分を信じて、全力を尽くしましょう。
レース報告を楽しみにしています。頑張って下さいね。
2007/10/22 (月) 12:37:32 | URL | koura #oJbkoxHs[ 編集]
>kouraさん
初めまして!コメントありがとうございます。個人的にかなりの頻度でkouraさんのブログを見さしていただいていたので、お名前は存じ上げておりましたが、まさか自分のブログにコメントをくださるなんて・・・若干感動してます(^^:)

レースに対する心構え、すごくに参考になりました。確かに、最初から"抑えること"を考えているのは良くないですね。しっかり実力を発揮して、自分が出せる最高の結果を求めていく気持ちが大事ですね。
また今度kouraさんのブログにも顔を出さして貰いますね~今後ともよろしくお願いします。
2007/10/22 (月) 15:33:09 | URL | 中上 #-[ 編集]
カートの場合はミラーが無いのであんまり
揺さぶりの効果が出ないんですよね(笑)
でもススっとインに入ればいただきですからね。
たぶんFJも同じかと・・・なので
前のマシンだけ見てましょう!!(爆)
2007/10/22 (月) 20:51:48 | URL | アオキング #-[ 編集]
>アオキングさん
カートはその辺難しいですよね~だから良いバトルテクが身に付くんでしょうけどね。
まさにそうですね。次の練習も前だけ見て突っ走ってきますv-218
2007/10/22 (月) 20:59:42 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。