ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STCC R7 Falkenberg
STCC第7戦はFalkenbergs Motorbana サーキットで行なわれましたココは1コーナーがタイトなシケインになっていて、スタート直後は混乱必須比較的中~高速コーナーが多く、しかも1周1,8kmと短いサーキットなので、毎周接戦にが予想されます

stcc-r7-corse.jpg
コース図
-予選結果-
1 Thed Bjork Audi A4 46.359 15,769
2 Fredrik Ekblom BMW 320si 46.633 +0.274
3 Tommy Kristoffersson Audi A4 46.729 +0.096
4 Richard Goransson BMW 320si 46.813 +0.084
5 Frank Stippler Audi A4 46.859 +0.046
6 Robin Rudholm BMW 320si 46.887 +0.028
7 Johan Stureson Peugeot 407 46.941 +0.054
8 Jan Nilsson BMW 320si 47.418 +0.477

49周のレースがスタート。ポールのThed Bjork Audi A4 がホールショット。2番手をFredrik Ekblom BMW 320si Tommy Kristoffersson Audi A4 が争い、集団は混乱の中タイトな1コーナーへ進入。シケイン1つ目でインを突いたTommy Kristoffersson Audi A4 だったが、切り返しで再びFredrik Ekblom BMW 320si にインに入られコースから押し出されてしまう。

stcc-r7-1corner2.jpg stcc-r7-1corner.jpg

何とかマシンをコントロールしコースへ復帰を試みるが、コースに戻った場所が悪く、混戦の中1コーナーを立ち上がってきた集団の真っ只中に横っ飛びして、Robin Rudholm BMW 320si をタイヤバリアまで弾き飛ばしてしまう。

Tommy Kristoffersson Audi A4 Robin Rudholm BMW 320si が抜けたトップ集団は、①Thed Bjork Audi A4Fredrik Ekblom BMW 320si Richard Goransson BMW 320si Jan Nilsson BMW 320si Frank Stippler Audi A4 と変わる。1コーナーの混乱の後はレースは落ち着き、上位勢には順位の変動もなくレースは続く。

そんなシーソーゲームの中、いち早く脱落したのが7番手につけていたJohan Stureson Peugeot 407 。11周目の2コーナーで右タイヤをダートに落としてスピンオフ、リタイヤ。その後は、再び硬直状態になり大きな順位変動もないまま各車ピットインのタイミングを迎える。

上位では4番手につけていたJan Nilsson BMW 320si が23周目、最初にピットイン。翌24周目には、トップのThed Bjork Audi A4 3番手のRichard Goransson BMW 320si もピットイン。Thed Bjork Audi A4は9秒2でピットアウトしたのに対し Richard Goransson BMW 320si は11秒5とタイムをロスしてしまう。この間に、トップはまだピットに入っていないFredrik Ekblom BMW 320si に変わる。

その頃、コース上では6番手を争う3台、Tomas Engstrom Honda Accord Tommy Kristoffersson Audi A4 Robert Dahlgren Volvo S60 のバトルが激しくなる。29周目、S字区間でTomas Engstrom Honda Accord のインに飛び込んでTommy Kristoffersson Audi A4 が6位浮上。抜かれたTomas Engstrom Honda Accord はトラブルかスローダウンしてしまう。

それとちょうど同じ頃、トップを走っていたFredrik Ekblom BMW 320si がピットイン。9秒2で作業を済まし、11秒以上ピットインに時間を費やした3番手Richard Goransson BMW 320si には、十分なマージンを持って2位でコースへ復帰。

6番手争いも、一人ピットへ入っていなかったTommy Kristoffersson Audi A4 がピットへ消え、Robert Dahlgren Volvo S60 が単独の6番手に浮上。上位につけていたFrank Stippler Audi A4 Jan Nilsson BMW 320si がピットに入ったためRobert Dahlgren Volvo S60 は一時的に4番手にまで順位を上げる。しかし、ピットインを済ませて追い上げてきたFrank Stippler Audi A4 Jan Nilsson BMW 320si が追いつき、今度は激しい4番手争いが始まる。先にタイヤ交換を済ました分、タイヤがきついRobert Dahlgren Volvo S60 は防戦一方。ついにFrank Stippler Audi A4 に抜かれ5位へ後退。さらに1コーナーで、Jan Nilsson BMW 320si にも抜かれ結局元通りの6番手に戻ってしまう。

レースは残り7周となった43周目、10~11番手を争っていたプライベーターBMWのViktor Huggare とFredrik Lestrup がストレートで接触。弾き飛ばされたFredrik Lestrup がフェンスに激しくクラッシュ。マシンがコース上に立ち往生してしまい、赤旗レースストップ。この中断でレース周回数は2周減らされ47周となり、残り3周の超スプリントレースが始まる。

stcc-r7-crash1.jpg stcc-r7-crash2.jpg

中断時の順位でローリングスタートからレースは再スタート。混乱の中、6番手Robert Dahlgren Volvo S60 はプライベーターのRoger Eriksson BMW 320i に抜かれ7位へ後退。ワークスボルボチームとしては、プライベートBMWに前をいかれることなど許される訳もなく、厳しいタイヤの中、ラスト1周のアタックに入る。そして、ぐるりと左へ回り込む形の長い最終コーナー、Ginst-Kurvanコーナー進入で何とかインに車を入れる事が出来たボルボは最終ラップ最終コーナーで何とか6位にポジションを上げてフィニッシュ。

トップ争いは、スタートから終始安定したパフォーマンスを発揮したThed Bjork Audi A4 が逃げ切り優勝。2~4位にはFredrik Ekblom Richard Goransson Jan Nilsson のBMW勢が入った。

-決勝結果-
1 Thed Bjork Audi A4 46.340
2 Fredrik Ekblom BMW 320si 46.331 +0.478 47
3 Richard Goransson BMW 320si 46.267 +0.806 47
4 Jan Nilsson BMW 320si 46.367 +0.571 47
5 Frank Stippler Audi A4 46.361 +1.163 47
6 Robert Dahlgren Volvo S60 46.693 +0.810 47
7 Roger Eriksson BMW 320i 46.678 +0.264 47
8 Tommy Kristoffersson Audi A4 46.504 +1.732 47
9 Joakim Frid Opel Astra Coupe 47.106 1lap
10 Tobias Tegelby BMW 320i 47.117 +0.766 1lap

スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
待望の入荷!売れてます!大人気の実用的なケアベアグッズ。ライセンス品のペットボトルホルダー。未使用、新品。国内定価はたったの630円!それをさらに努力してお買い得価格にて出品させていただきます。素材はナイロン。その上にビニールコーティングされています。サイ
2007/08/15(水) 03:32:51 | ボルボをいっぱい集めました
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。