ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第三回コラム
何となくネットサーフィンしていて、レースのクラッシュ映像ばかりが取り上げられてるホームページを見つけました。心に浮かぶ思いは色々あるのですが、あまりまとめられそうもないので感じた事を素直に書いて見ます。


まず最初に皆さんに聞いてみたいのですが、レースを見る上でクラッシュが起きないレースは面白くないですか?モータースポーツの面白さはクラッシュやアクシデントがあるからこそだ、と言う人もいるとは思います。しかし本当にそうなのでしょうか…?
逆に言えば、アクシデントでも起こらない限り全く面白くないレースもあると思います。一時期、F1がそうであったと僕は思います。特に予選には、見に行っても全く意味がないような時期がありましたよね?(1LAPアタックの頃)

昔を思えば、予選の前に予備予選があって、小さなチームはまず決勝に出るために最善の努力をして、トップチームはポールを争って予選を戦う…予選だけ見ていてもちゃんと意味があってそこにはドラマがあった訳ですね。そう言うのがなくなって、決勝には誰でも出れて予選落ちはしないし、さらには予選を一周だけにして勝負する…こうなればアクシデントに期待でもしないと見る意味がないと言われても反論のしようがありません。

でも、やっぱり忘れてほしくないのは、僕らレーシングドライバーは命を賭けてレースをしていると言う事です。0、1秒を詰めるために命を削って走っているのです。当然、攻めて行けばスピンもするし、コースアウトしてクラッシュすることもあります。これは挑戦して行っている証しでありこれを恐れていてはモータースポーツは出来ません。
でも、アクシデントやクラッシュをエンターテイメント的に捉えるのは、やっぱり僕個人としては止めて欲しいと思うんです。人間は凄く弱い生き物です。大した事ないように見えて、簡単に死んでしまう生き物です。それを承知の上で戦っているのに、周りからクラッシュを期待されている立場は凄くやるせないものがあります。
事故の映像を見て喜んでいる人は、それでも構わないです。それでレースに興味が湧いて、見てもらえるのならレースしている側からしてもある意味、本望なのかも知れません。でも、そんな映像を見て「迫力があるな」とか「気持ちが良い」とか思われるのは到底「良いこと」とは思えないのです。そうして死んでいったドライバーが何百といる事を忘れてほしくないのです。レースが大好きで、命を賭けて戦い、サーキットに散っていった人たちを好奇の目で見てほしくないのです。
ある動画を見ながら自然と涙が出てきました。これを見て、少し自分がレースをする意味を考えさせられました。皆さんにも一度見てもらいたいです。かなり凄惨な映像もありますから無理にとは言いません。でもこれをみて、「速くなるためなら命なんて惜しくない」と思っていた自分が恥ずかしくなりました。この世に命より大切なものなんてありません。

動画URL  http://www.youtube.com/watch?v=L_NxYbfNYZU

YUOTUBEなんで見れない方もいるかも知れません。アクセスして再生ページに飛ばなかったら、画面真ん中辺りにある「Confirm」ボタンを押してもらったら飛べます。
スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
過去と現在
ブログにF1を見るようになったきっかけでも書きましたが、
私はまさにクラッシュ見たさにF1を見るようになりました。

しかし実際にひどいクラッシュを見てからは考え方が180度変わりました。
クラッシュは起きない方が良いのは当然ではありますが、
トラブルも起きずにスタートからフィニッシュまで全く順位が変わらなければ、
観戦している人にとってはつまらないレースなのでしょうね。
2006/12/06 (水) 23:52:14 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
最初のキッカケはみんなそんなもんですよね(^^:)やっぱり「荒れたレース」ほどドライバーの真価が問われますし、見てるほうも面白いですからね。
でも、結局は、フツーに走ってフツーにゴールするフツーのレースであるF1が世界最高峰のレースであるって段階で全然面白みを感じない俺です…v-39
2006/12/07 (木) 00:00:50 | URL | 中上 #-[ 編集]
四輪<二輪!?
F1でも抜きつ抜かれつが多い時は楽しいのですが、トップ独走、ポイント圏内の車も差が開いて順位も変わらないと、最初と最後だけ見れば十分というレースに思えてしまいますね^^;
(ドライバーからすればトラブルがあったりラインを外してコースオフしそうになる場面もあると思いますが)

四輪は抜きつ抜かれつが少ない(うちのTVで見られる四輪レース)のもあって、最近は二輪のモトGPの方が面白く感じます^^;
最終ラップで4台くらいが抜きつ抜かれつ、最終コーナーで抜かされてフィニッシュで数メートル差、
しかもトップ4台のタイム差も1秒以内だったときは最高でした^^
F1ではそういうことはまずないですからね・・・
最後まで必死に抑えきるようなシーンは最近でもありましたが。

見ていてドキドキ・ワクワクするようなF1を見てみたいです^^
2006/12/07 (木) 00:53:37 | URL | 青葉緑 #lHI8H0U6[ 編集]
>青葉緑さん
まさにそうですね(^^:)だから結構俺はミナルディーとかフォルティーとかラルースとか下位どころが荒れたレースの最後に6位とか5位とかに顔を出すとそればかり注目してましたヨ(爆)
モトGPの面白さは俺も分かります。レースの駆け引きと言う面では、F1の遥かにしのぐと思います。ただ、どうも俺には2輪ライダーの気持ちが分かりません(爆)お前ら死ぬぞ!!って言いそうになります~(^^:)

見ていて真剣にF1面白い!って思ったレースは、97年のヒルがアローズで優勝一歩手前まで行ったハンガリーGPと、3年前の鈴鹿(ライコネンとシューミがチャンピオン争った年)ぐらいですかね~
2006/12/07 (木) 01:08:17 | URL | 中上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。