fc2ブログ
ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
行ってきました、フルコース
行ってまいりました、フルコース
次回のクラブマンのレースが西コースで、近いうちに大きなレースもないようなので、非常に閑散とした走行でした(笑)何てったって、コースインして、同じF4に2回は抜かれることがない…つまり、1走行帯で10台ぐらいのF4に一度抜かれる以外は、ひたすら単独走行が可能な状態でした(^^:)制限60台のフルコースが20台ぐらいしか走ってなかったんですから、F1のフリー走行よりいい扱いですよね(爆)

今回のメインディッシュはスタート練習3本走って、1本目3回、2本目5回、3本目4回と計12回も練習することが出来ました結論から言えば、可能性がありそうなのは2速スタートの方と言う感じです。1速スタートでも、2速スタートでも、ほとんど差が出なかったんですが、2速スタートの方はまだ完璧なスタートが出来ていなくて、それでも平均して1速スタートより速いスタートが出来ていたので、まずはこちらを攻めていくべきかな~と思います
練習は、レースウィークではない練習車での練習だったので、とにかく全開で攻めてきました路面温度も高くてグリップし過ぎなぐらいだったので、「何気に全開大作戦」をやってきました(笑)

S 1つ目、逆バンク~ダンロップ、130Rはとりあえず全開で行ってみっかぁ~てなノリで攻めてみました。
S 一つ目は、曲がりきれず、かと言ってブレーキ踏んだら間違いなく壁へ一直線…(マズイ)だったので、やはり手前で一度アクセル抜いたほうが速そうです

ダンロップは登り切った辺りで、アウトの縁石に乗ってけつが出て、それでもフルカウンター全開…で攻めましたが、結局これもロスが多くて無駄でした

130Rはぎりぎり道は足りるんですが、これもコーナーの中で横向きになってスピードを食われる部分が多いのでイマイチ根性全開の割にタイムに繋がりません

でも、この辺の攻めは、今までの自分にはなかったスタイルで、ダメ元で全開で行ってみる…と言う経験は凄く意味のある練習でしたここの所の「すげぇ~頑張ってるけどタイムイマイチ」と言うパターンが多かったんですが、今回の練習でその理由がはっきりしました知らないうちに、「俺、こんな限界に近いところでヘロヘロになりながら走ってるぜェ~」と言う、よく分からないステータスみたいな物が自然と出来上がってしまっていました

当然目指すべきなのは、めちゃくちゃ激しい走りではなく、めちゃめちゃ速い走りであって、限界を超えてしまえばそれは出来ませんあくまでも、「限界ぎりぎり」が一番速い走りであって、限界を超えるのが目的ではありません
今まで、どうしても限界の範囲内で車を運転しようとする癖があって、常々、限界を探る運転をしていかないといけないと自分に言い聞かせてきましたしかし、それなりの限界に近い領域で走れるようになって来ている現状では、そのテクニックを生かして、いかに速く走るか…という部分を極めなければいけない時期が来ています。

今まで「ケツが出て当然…ほ~ら出たぁ」と思って走っていたのを、「ケツは出そうだけどこれを如何にコントロールして前へ進むか…」と思ってドライビングしていかないといけないと感じました 

あと、色々調整してくださったお陰で、なかなか良いドライビングポジションを見つけることが出来ましたこれだけで、1コーナーが以前よりずっと速く走れるようになりましたちょっと驚きですコース全体にわたってイメージが結構変わってしまうような劇的な変化があったんで、若干こちらの感覚をアジャストし切れていない所もありましたが、より車の状況を感じ取れるポジションをGET出来ました

今回は、わざわざ着いて来てくれた兄貴が色々参考になるアドバイスをしてくれましたやっぱり自分だけであれこれ考えていると、知らない間に1つの方向性だけに凝り固まってしまいがちですね色んな人と話して、色んな人の意見を聞いてみるのも大事だと再確認させられました。
スポンサーサイト



テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析