fc2ブログ
ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
スーパーアグリに見る世界のモータースポーツ
残念ながら、F1から撤退を余儀なくされたスーパーアグリ。
当然モータースポーツはお金がかかるもので、そのなかでもF1は飛び抜けて費用が高いのは周知の事実です
現在、モータースポーツを取り巻く環境は、非常に難しい状態になっています皆さんご存知の通り、原油価格は今までにないほどに高くなり、環境問題が叫ばれ、モータースポーツが生み出す物が世の中にとってマイナスな事がほとんどになっているのです

会見でも言っておられましたが、F1はかかる費用の割にスポンサーとして得られる利益が少ないわけです。単純にフォーミュラのボディーは小さいですし、いくら大きくステッカーを貼ったとしても大して目立ちませんいわゆる”ワークスチーム”は自分たちのブランドをアピールする意味でカラーリングしているんですから良いでしょうが、大して目立たないプライベーターのチームに、そこそこの金額を払って小さいステッカーを貼ることに意味を見出せないのは理解できる気もします。

スーパーアグリの”活躍”も、思い入れのある日本人から見れば凄いのでしょうが、大して興味のない外国の人々から見れば「何か、変なチームがそこそこ速いなぁ~」程度にしか感じないのかもしれません。
実際、ミナルディーがポイントを獲ったときも、大して日本では話題にもならなかったじゃないですか(^^:)個人的には相当盛り上がりましたけど(笑)

現在のF1が金のある大規模自動車メーカーの支援の元でしか参加できない・勝てないとなると、もうこのカテゴリーも終焉が近いなぁ~と感じてしまいます。DTMがITCになって終わり、JTCCがSTWがクラス2になり終わり、WECがクループCになり終わり…結局、お金がかかるようになってプライベーターが走れなくなったカテゴリーはことごとく終わっている訳です。

そう考えると、日本のモータースポーツも危ないですよね。スーパーGTは明らかに残された時間はすくなそうですし、スーパー耐久も年間費用3000万以上ですからね一番の問題は、日本のカテゴリーは日本でのみ開催されている日本オンリーのカテゴリーだということです。海外からのエントラントは間違いなく来ない訳ですから、国内の主要チームが撤退でもしたら、即終了ですよね。

そろそろモータースポーツは変わらなければいけない時期に来ているのかもしれません。
スポンサーサイト



copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析