fc2ブログ
ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ
ヨーロッパのツーリングカーレースへの参戦を目指す レーシングドライバー 中上牧人のブログです。日本人初のヨーロッパツーリングカーチャンピオンを目指しています。
先を越された~part 2
どうやらWTCC日本ラウンドに際して参戦してくる日本人ドライバー2人目が決定したようです

ヨーロッパツーリングカーに詳しい某サイトより・・・

シボレーの4台目のワークスマシンとして、日本人ドライバー、織戸”MAX”学がモンツァ・岡山・マカオと参戦する事が決定した
との事ですなぜ”MAX”なのかはさておき(笑)2人目は織戸選手でした前々から噂はありましたが、シボレーで参戦してくるってのが面白いですねシボレーも日本ではほとんど販売してないですからね~ラセッティも、”オプトラワゴン”と言う変わった名前で、ステーションワゴンが発売されたのみでしたし

chevrolet.jpg
(今年型WTCCワークス車)

しかし、ワークスの4台目と言う表現は微妙で、実際はChevroletワークスのエントリーではなく、STCC(スウェーデン・ツーリングカー選手権)に参戦しているChevrolet Motorsport Sweden がエントリーさせるようです確か、このカスタマースペックラセッティは1年落ちのマシンだったような気が…BTCCやDTCで使われているマシンは1年落ちの中古ですし、もしそうだとすると戦闘力的には結構キツいんじゃないでしょうか・・・

chevrolet2.jpg
(今年型STCC車)

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

☆ナイトレース☆

そう言えば来月はF1シンガポールGPが行なわれるんですね

どこで行なわれるんだろうか?と思って調べてみたら流行の市街地コースでのレースなんですねバルセロナはすんげぇ~つまらないGPと酷評されていましたから、今度は面白いレースをして貰いたいですね

で、さらによく調べてみると・・・ナイトレースじゃないですか?!
ついにF1でもナイトレースが行なわれる日が来るとは・・・(爆)

あれは、アメリカのオーバルIRL・NASCARの専売特許だと思っていたら、いつの間にかF1にも取り入れられるようになったんですねF1も相当行き詰っていると言う事なんでしょうね
でも、アメリカスタイルでやると結局煌々とライトで照らして日中みたいにしてレースするんだから、別に普通のレースと大して変わらないと思いますよ

やっぱりナイトレースってのはルマンとかニュルブルクリンク24hのナイトセッションの事を指すんですよあれぐらいの暗闇の中を前照灯オンリーで飛び込んで行ってこそマジのナイトレースですよ
でも、ルマンやニュルは耐久ですし、そこまで接近戦のスプリントレースはしないし迫力と言う部分では欠けるところがあるかも知れません

しかし、世の中には過去、暗闇の中で、バリバリの超接近戦を車のライトオンリーでやった伝説のナイトレースがあったんです

それは1999年、BTCCで1回のみ行なわれたスネッタートンでのナイトレースです
BTCCがクラス2で行なわれていた頃で、人気が下がってきて観客動員数が減ってきたので、起死回生のウルトラCでやった訳ですが、とりあえず、車に凄い明るいライトをつけて、コースの照明はゼロ(^^:)メインストレート以外は完全な暗闇(汗)
そんな中でもキレたBTCCドライバー達ですから、ガンガン当るは押し出すはのスーパー接近戦車載映像で見てもどこにコースがあるのかほとんど分らない状態です

後にも先にもあれ以上危険なナイトレースはないんじゃないでしょうか・・・(^^:)
あっちこっち探してやっとニコニコ動画で映像をみっけてきましたpart1なので、2と3もあります一応貼っておきますね

テーマ:FJ1600 - ジャンル:車・バイク

リバイバルブーム?
今、ヨーロッパではリバイバルブームが起きているのか、今はなくなってしまった選手権およびクラスを1DAYイベントで復活させるのが流行っているらしいです


今年の9月にはオランダの Zandvoort で Dutch Touring Car Championship がリバイバルされ、選手権が存在していた1996~2002年の間に、実際に参加したことのあるマシンのみが参加を許されるらしいです
image2.jpg

「そんなマニアックな~」と思ったら、すでに10台前後は参加が決定していて、最終的には20台程度は集まると主催者は自信満々だそうです(爆)
マシン的には、同時期のBTCCやJTCCと同じクラス2で、BMW320やRENAULT CLIO 等が参戦してくるそうですちなみに日本でもおなじみのオランダ人レーサー、トム・コロネルもDTCC出身だそうです



そして、本家BTCCも来年の6月に Silverstone で行われる、Silverstone Classic weekend と言う、リバイバルレースの祭典みたいなところで、クラス2時代、1995~2000年の間のマシンを集めてレースをする気らしいです

image1.jpg
こちらは、さすが元祖。「出来る限り当時のマシンに当時のドライバーを乗せたい。その上でエントリーは30台程度の予定してる」と言う気合いの入りよう
でも、知ってるだけでも、当時一線で活躍していて、もう亡くなられているドライバーが3人はいますが、大丈夫なんでしょうか(汗)エントリーリストをチェックしたら…予定参加台数0台(爆)まぁ来年のことですからね(^^:)まだ気が早いです

Silverstone Classic weekend は真剣に見に行きたいですね~今年のWTCC岡山は見に行く気満々ですが、来年はイギリス行きますか

今年もマカオの時期が到来!
何だかんだで、今年もマカオGPの時期がやってきました
マカオGPのメインは当然F3なんですが、ツーリングカー好きの俺にしてみればメインレースはギアレースの方
あの幅狭のF3でさえ2台並ぶのが困難なほど狭いコースで、車体がデカいツーリングカーがレースするんだから、それだけでも凄い事です
以前はクラス2のツーリングカーのレースとして行なわれていて、ヨーロッパから送り込まれてくるアウディーやBMWと日本のJTCCのエクシブなんかが戦っていましたが、ここ3年ほどはWTCC・世界ツーリングカー選手権の最終戦として行なわれています

今年は最終戦までチャンピオン争いが続いていて
1 Andy Priaulx (BMW) 81
2 Yvan Muller (SEAT) 81
3 Augusto Farfus Jr (BMW) 71
4 James Thompson (ALFA) 69
5 Jörg Müller (BMW) 66
6 Nicola Larini (Chevrolet) 61
と、ポイント6位のドライバーにまでチャンピオンの可能性があります
F1を目指す若きドライバー達に注目するのも良いですが、ツーリングカー使い世界一を決める戦いにも是非注目してみてください
…と言っても、地上波のTV放送はないし注目しろって言う方が無理ですか…(^^:)
レースの映像は公式ホームページに行って貰えば見ることが出来るので、是非一度見てみてください☆熱いですよ~

WTCC公式ホームページ

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

つ・・・ついにキター!!
つ・・・ついにこの日がやって来ましたよ長年待ちわびたこの日がついに

えっ?なにを盛り上がってるかって?それはね・・・

2008年10月(か11月)にWTCCが岡山国際にやってきます!!ついに・・・ついに・・・長年待ちわびた世界規格ツーリングカーが日本にやってきます!!(感動&涙)

いやぁ~ホント生きてて良かった(爆)こんな日がホントにやってくるとわこの個人的盛り上がりは

1996年ITC(DTM)が鈴鹿にやってきた時以来の盛り上がりようです!!

あの時も、直前でサーキットがTIから鈴鹿に変更されたんですよね~TIで行なわれるなら家族全員で見に行こうと盛り上がっていたのに、いきなり鈴鹿に変更され、入場料のバカ高さに諦めた切ない思い出が鮮明に残っています

しかし今回はそんなことは絶対ナイッ!!(と期待したい…)
まぁ、今なら鈴鹿に変更されようが何しようが絶対に見に行きますけどね
何しろ、自分が目指す物を目の前で見ることが出来るんですから絶対見に行って、目に焼き付けてきます本物がどんなものか!!

って盛り上がるのは良いけど、まだ1年以上先の話ですよね(^^:)

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

copyright © 2005 ヨーロッパのツーリングカーレース参戦を目指す Racing Driver 中上牧人のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
FC2 Blog Ranking
  1. 無料アクセス解析